燕市秋葉町の歯医者 燕中学校すぐ近く

虫歯治療

虫歯治療に大切な
“再発させない” “痛くしない”

当院が虫歯の治療において大切にしていることは3つあります。

  • 削る歯の量を最小限にすること
  • 虫歯の感染部位を確実に取り除くこと
  • 患者様の痛みを極力抑えること

この3つを実現するために取り組んでいる虫歯治療についてご紹介させて頂きます。

虫歯は削らず、掻き出して取る!

歯は一度削ってしまうと元通りには戻りません。そして、歯は削れば削るほど弱くなります。削る歯の量を極力抑えることが自分の歯を守る上で、とても重要になります。

虫歯は入り口が狭く、歯の中で広がっている「アリの巣形態」になっていることがあります。ただ、通常の治療の場合、ドリルのような専用の電動機器を使って大きく削ったりします。

しかしながら、齋藤歯科医院では、可能な限り歯を削らない治療を実現するため、ドリルで歯の固い表面の入り口を最低限に削った後、スプーンエキスカベーターという虫歯を手作業で除去する道具を用いて、虫歯に感染したところを”掻き出す”ようにします。
虫歯に感染された部位は通常の歯に比べて柔らかくなります。機械ではその感触を見分けることができず、健康な歯まで削ってしまいますが、手作業でしたらその感覚がわかります。
健康な歯を出来るだけ削らず、虫歯だけを除去することができます。

このスプーンエキスカベータ-のもう一つの利点があります。それは、歯科医院の特有の「キュイーン」という大きな音を立てずに治療を行うことが出来ます。この音が嫌だという人はお子さんにも多いですが、大人の方も少なからずいます。精神的なストレスも軽減できるメリットがあります。

“勘”に頼らない客観的な判断

当院では、治療を行う際、拡大鏡を使用しています。
拡大鏡は裸眼の約8倍の拡大視野で詳細を確認出来ます。この拡大鏡を使用して虫歯に感染した箇所を精密に取り除いています。また、裸眼では見落としがちな小さな初期の虫歯も発見しやすくなりますし、詰め物や被せ物をする前の歯の形成も精密に行えるので、詰め物や被せ物の隙間から感染する虫歯(二次カリエス)のリスクを下げることが出来ます。

痛くさせないための工夫

虫歯治療の際、最初の痛みは麻酔注射による痛みです。 麻酔による痛みは主に下記の2つがあります。

  • 針を刺す時の痛み
  • 薬液を注入する時の痛み

当院では麻酔注射をする際、まずは表面麻酔を使用し、針を刺すときの痛みを抑えます。加えて、歯科の使用される中で最も細い33Gの注射針を使用しています。これらの方法で針を刺すときの痛みを極力抑えています。

薬液の注入に関しては、電動注射器「アネジェクト」という機械を使用しています。多くの電動注射器の場合、薬液注入時の痛みを抑えるために一定のスピードでの注入をしています。ただ、患者様お一人お一人で歯ぐきの硬さが異なるため、注入圧がかかりすぎて痛みを発生する場合があります。一方で「アネジェクト」の場合、薬液が入るスピードをコンピューターで自動制御しています。個人ごとの歯ぐきの硬さなどで変わる注入圧を自動的に調整しています。この機能により、薬液注入時の痛みを最小限に抑えることが出来ます。

「針を刺す時の痛み」「薬液を注入する時の痛み」の両方にアプローチをし、患者様の痛みを最小限に抑えることに力を入れています。

虫歯は予防が大切

当院では、メディカルトリートメントモデル(MTM)というシステムを導入しています。このMTMは患者様の虫歯・歯周病のリスクを数値化し、患者様一人一人のリスクに合わせて予防管理するものです。

私たちは徹底した予防管理で“患者様の幸せ”を健康なお口からサポートしていきたいと考えております。お口の事でお困りのことがあれば、お気軽にご相談下さい。

メディカルトリートメントモデル(MTM)

お気軽にご相談ください。

アクセス

〒959-1261
新潟県 燕市 秋葉町 4-6-27

TEL:0256-64-5210

受付時間
9:00〜13:00
15:00〜18:30

土曜日:9:00〜12:30、14:00~17:00
休診:水・日・祝日

月、火、木、金、土のいずれかの曜日が祝日にて休診になった場合、水曜日は開院しております。